MENU

BLOG

【YouTube初心者の方必見!”アナリティクス”って一体何なのか分かりますか?】

2021.12.13

このブログでは新人YouTuberや駆け出しYouTuberの方、これからYouTuberを始めたい人に

知って得する豆知識を隔週の火曜日に紹介していきます!

 

YouTube活動を始めた皆さん!
いざ投稿を始めてみて思ったより視聴回数が伸びた人や伸びなかった人それぞれだと思います。

 

ここ数年で若者のテレビ離れや新型コロナの影響で外出が控えられたなどのことから、
YouTubeで見たい時に見たい分だけ動画を楽しむ人が増えています。
また、芸能人や有名人なども相次いでYouTuberデビューしたことによって
視聴者数・視聴者層がともに拡大したこともあり、同じジャンルや似たジャンルで活動していると
競争は年を重ねるごとにますます激しくなっており、再生回数や登録者数が伸びず、
苦戦しているYouTubeチャンネルも多くなっていますよね・・・。

ただ好きな動画を上げていくのではなく、今回投稿した動画のデータを見て
どこから視聴者が集まったのかを分析することによって、成功への近道が見えてきます。

では、それはいったいどこで確認できるのかというと、「YouTubeアナリティクス」というところから確認できます。
第八回目は、「YouTubeアナリティクス」とは一体何なのか説明していきます!

 

 

 

■「YouTubeアナリティクス」って何?

「YouTubeアナリティクス」とは・・・

 

 

YouTubeに投稿した動画の再生や視聴状況を

データで見ることができるツールです。

 

特別な設定は必要なく、YouTubeのアカウントを持っている人なら、誰でも無料で利用できます。

データから視聴者の反応を読み取ることができ、チャンネルや動画に関係する重要な情報が得られます。
例えば、視聴回数やチャンネル登録者数を確認することができますが、
動画を見ている人の特性(年齢、性別、アクセス経路)や平均試聴時間などを見ることができます。

 

YouTube活動をする上でこの「アナリティクス」は成功するために必要なデータになります。
データを見ずにただ闇雲に動画を投稿し続けても、チャンネルは伸びない一方です。
なので、データを分析し、得られた情報から動画を作り、投稿していくことが大切です。

 

また、このジャンルは人気があるのか疑問を感じた際は、試しに投稿し、
反応を確認してみましょう。そこから新しいデータが作れるかもしれません。

 

 

■YouTubeアナリティクスの見方?

PCからYouTubeアナリティクスには以下の手順でアクセスすることができます。

 

1.YouTubeにログイン

2.画面右上のプロフィールアイコンをクリックし「YouTube Studio」を選択

3.チャンネルダッシュボードから、左側メニュー内の「アナリティクス」を選択

 

また、「YouTube Studio」というアプリをインストールすると、スマホからでも
YouTubeアナリティクスをいつでもどこでも簡単にデータを確認できます。

 

さて、ここからはYouTubeアナリティクスで確認できること項目を解説します。
今回は画面の上にある項目を説明いたします。

 

まず、画面右上にある集計期間の設定をします。
デフォルトでは「公開後(全期間)」となっており、全ての動画を含めた数値が表示されていますので、
分析したい動画に対し、期間を絞って見ていきます。

 

つづいては画面左上にある項目をみていきましょう。
『概要タブ』は動画の「平均視聴時間」や「視聴回数」を見ることができます。
チャンネル内の動画を比べてもっともに数字が良いもの、または悪いものがあれば原因を探っていきます。
人気の動画のテーマやサムネイルは次の動画にも積極的に使うようにしましょう!

 

2つ目は『リーチタブ』です。

ここでは「トラフィックソース」を見ることができます。
「トラフィックソース」とはつまり、動画にたどり着くための経路のことです。
YouTube動画を見る際に何かしらの方法で
その動画を見つけている人がほとんどだと思います。

それは検索や関連動画などから視聴者が動画にどのような方法で
辿り着いたのかを確認することができ、自分が設定している検索ワードが適切なのか、
またYouTubeによっておすすめや関連動画に表示されているのかがわかります。

 

3つ目は『エンゲージメントタブ』です。

「視聴者維持率(1つの動画がどれだけ長い時間見ているのか)」や「高評価率(いいねの数)」など
視聴者の反応を数値として見ることができます。

 

この数値が高ければ高いほど、視聴者は動画の内容に満足したということになります!
逆にこの数値が低ければ、視聴者は動画を見始めたものの、
期待していた内容ではなかったということになります。
サムネイルと動画の内容に間違っていないか、動画内に視聴者の興味を持つような
見所を作れているかを確認しましょう。

 

最後に『視聴者タブ』です。

「年齢」「性別」「地域」などの視聴者属性や、「リピーター」「新しい視聴者」
の数を見ることができます。
自分の狙いたいターゲットに動画を見てもらえているのか、
新規視聴者を獲得することができているのかなどを確認しましょう。

 

 

■まとめ

・「アナリティクス」とは、YouTubeに投稿した動画の再生や視聴状況をデータで見ることができるツールのこと。

・「アナリティクス」から自分の動画がどこから来たのかどういう視聴者がいるのかなど数値として表示される。

・日々の分析、そして改善がYouTubeでの成功の鍵になる!

 

いかがでしたでしょうか?

YouTubeで有名になる為には必ずアナリティクスの分析は必要です!
今まで知らなかった人もこれを機にアナリティクスのページを開いて
データをしっかり分析していきましょう!

 

次回もアナリティクスについてもう少し詳しく説明するので
また見に来てくださいね!

 

最高の仲間と
関西YouTuber

目指しませんか?

今からYouTuberを目指そうと思っている方や、編集はプロに任せたい方、構成作家による企画のサポートを受けたい方、その他チャンネル登録者数を増やしたい方などご連絡いただく理由はなんでもOK。
ぜひ一度あなたのお話をお聞かせください!

ENTRY

構成作家、映像編集、
マネージャーも募集中!

9ZLaboでは、構成作家、映像編集、マネージャーなど裏方としてご活躍頂ける方を募集しております。
メディア運営における様々な職種をご用意して皆さまからのご応募をお待ちしております。

ENTRY