MENU

BLOG

【YouTube初心者の方必見!YouTubeアナリティクスで抑えたいポイントとは?】

2021.12.28

このブログでは新人YouTuberや駆け出しYouTuberの方、これからYouTuberを始めたい人に

知って得する豆知識を隔週の火曜日に紹介していきます!

 

第九回目は、前回紹介した『アナリティクス』についてもう少し詳しく紹介していきます!
『アナリティクス』どこを見ればあなたのチャンネルは今よりもっと伸びるようになるのか!?
今までアナリティクスのどう見たらよいのか分からなかった人も前回の記事と合わせて読んでくださいね!

 

■チャンネル改善につながる5つのポイント

チャンネル改善につながるポイントをお伝えする前に
まずは、アナリティクスを確認する際、自分が見たい期間を設定してください。

データを細かく分析したいということであれば
約1カ月単位(過去28日間)で見ていくことをおススメいたします。

 

ここで注意する点として、再生回数の少ないうちは、YouTubeアナリティクス上に
「このレポートに表示できる視聴者データが足りません」と表示され、
ある程度データが蓄積されるまで反映されない場合があります。
また動画公開後は、各指標がシステムに反映されるまでに時間がかかる場合があります。
投稿の直後でなく、週一度、月一度おいてから確認する方が分析しやすくなりますよ。

 

アナリティクスは提供されるデータや指標が非常に多いため、すべてを見るのではなく、
目的に沿って分析することが大切です。

今回はチャンネルの改善につながりやすい、特に重要な5つの指標を解説していきます。

 

ここで最も重視する5つのポイントが

・インプレッションとインプレッションのCTR(クリック率)

・視聴者維持率

・視聴者属性

・時間帯

・トラフィックソース

になります!では、順に説明していきます!

 

インプレッションとインプレッションのCTR(クリック率)

『インプレッション』とは「YouTube上でどれだけ表示されたか」の指標です。
あなたがYouTube動画を見ているとおすすめの動画として
いくつか動画が出てきたりしませんか?
それはサムネイルがYouTubeに1秒以上表示された回数を示します。
検索結果、おすすめ、再生リストなど、YouTubeのどこかの画面に、
サムネイルが表示された数字を表しています。

 

次に『CTR(クリック率)』です。
これは、どれだけ視聴者の目に留まり、クリックされたかの数値です。
CTRからわかることは、サムネイル(とタイトル)が良い出来なのか悪いのかです。
サムネイルの良し悪しでCTRが激変するので、本編以上に力を入れて作成する必要があります。
CTRのパーセントとして、目安が10%あたりとされております。
一瞬で視認しやすいサムネイルが良いと言われているのですが、
ではどんなサムネイルが良いのかはまた次回のブログで紹介させていただきますね!

 

視聴者維持率

再生した動画をちゃんと最後まで見てくれたか? 途中で離脱してしまっていないか? 離脱したポイントはどこか?
のエンゲージメントを推し量る数値です。
視聴者のほとんどが冒頭の5秒~10秒の間で「見る or 見ない」の判断をします。

視聴者の興味が継続していた部分や、離脱が増えた部分に注目して、要因を分析してみると良いでしょう。
特に、離脱が一気に増えるポイントにはどのような原因があるのか、中身を分析して、次回以降に活かすと効果的です。
基本的には、構成や内容、テンポなどが視聴者維持率に影響するようです。

 

YouTubeのアルゴリズム上、

「視聴者維持率が高い=魅了的」だと判断され、関連動画」に表示されやすくなっていますよ!

 

視聴者属性

Googleアカウントに登録されているデータを元に、
視聴ユーザーの年齢層、性別、地域などの属性が反映されています。
ユーザー層を把握することで、今後のターゲットする人たちを見つけやすくなります。
どのような人に視聴されているのかを把握し、
ターゲットに合わせて内容やサムネイル・タイトルを変えていくことも有効です。

 

時間帯

『視聴者がYouTubeにアクセスしている時間帯』を見ると曜日ごとに
グラフが表示されていますよね?
それは、視聴者が過去28日間に自分のYouTubeにアクセスした時間帯を示しています。
YouTubeを視聴している人気の時間帯を把握することで、
投稿タイミングの調整や、SNS投稿などの計画に役立てることできるはずです。
例えば、PCで見ている人であれば色が濃い所の上にカーソルを合わせると、
時間とその時にどれだけ見ているのかということが表示されます。
色が濃いほど多くの人があなたの動画を見ているということになるので、

最適な投稿タイミングを見つけてみて動画を投稿していきましょう。

 

トラフィックソース

前回の記事でも説明した通りですが、「トラフィックソース」とはつまり、
動画にたどり着くための経路のことです。
YouTubeの動画は、検索機能や関連動画、「あなたへのおすすめ」や再生リストなど、
さまざまな場所に表示されますが、YouTubeアナリティクスを使えば、
そのうちのどこから辿り着いたのかを知ることができます。
トラフィックソースの上位をリストアップすることでどのように改善したらよいのかまた、
意外なところから動画が広まっている可能性もトラフィックソースからわかるので、
分析と対策をすることで、さらに流入が増えるかもしれません。

 

 

■動画毎にアナリティクスで分析できる!

投稿している動画によっては数字が伸びている動画と伸びない動画に
分かれているっていうチャンネルの方、結構多いのではないでしょうか?
では、実際に伸びている動画は一体どうやって伸びることに成功できたのかを細かく分析することが出来ます。

実は動画毎にアナリティクスを分析できちゃうんです!

 

投稿した動画は、すべて「コンテンツ」で確認することが出来ます。
動画にカーソルを合わせると、「アナリティクス」が表示されるのでそれをクリックすると、
その動画のアナリティクスのデータが表示されます!
ですが、公開直後~2日くらいはデータが集計されていないので、数日後に見てみましょう。
個別動画のアナリティクスも、「概要」「リーチ」「エンゲージメント」「視聴者」「収益」とタブが並びます。

 

■まとめ

・再生回数が少なければ、ある程度データが蓄積されるまで反映されないので注意する事

・「アナリティクス」をすべてのデーターや指標を見るのではなく、目的に沿って分析することが大切。

・細かく分析したければ動画毎にアナリティクスを見て確認する!

 

いかがでしたでしょうか?
アナリティクスの見方について今自分が見ないといけないところが
わかった方も多いのではないでしょうか?
YouTubeで活動する上でアナリティクスの分析は大切になります。
成功するためにしっかりアナリティクスを分析しチャンネル改善に努めてくださいね!

 

 

最高の仲間と
関西YouTuber

目指しませんか?

今からYouTuberを目指そうと思っている方や、編集はプロに任せたい方、構成作家による企画のサポートを受けたい方、その他チャンネル登録者数を増やしたい方などご連絡いただく理由はなんでもOK。
ぜひ一度あなたのお話をお聞かせください!

ENTRY

構成作家、映像編集、
マネージャーも募集中!

9ZLaboでは、構成作家、映像編集、マネージャーなど裏方としてご活躍頂ける方を募集しております。
メディア運営における様々な職種をご用意して皆さまからのご応募をお待ちしております。

ENTRY