MENU

BLOG

【YouTube初心者の方必見!概要欄の書き方知っていますか?】

2022.03.15

このブログでは新人YouTuberや駆け出しYouTuberの方、これからYouTuberを始めたい人に
知って得する豆知識を隔週の火曜日に紹介していきます!

 

第14回目は、概要欄の書き方について!
概要欄とは動画タイトルのすぐ下に表示される文章の部分を指し、別名「説明」とも呼ばれます!
概要欄は「もっと見る」をクリックしない限り、3行までしか表示されません。

 

裏を返せば、「もっと見る」を押した視聴者は少なからず
動画の内容やYouTubeチャンネルに興味を持っていると考えられます!

YouTubeのアルゴリズム上で評価されるため、
概要欄をうまく活用してチャンネルを伸ばしていきましょう!

 

■視聴回数を増やす!具体的な概要欄の流れ!

YouTube概要欄に記載できる文字数は、5,000文字(全角2.500文字)です。
文字数ぎりぎりまで入力するのではなく、見やすい概要欄作りを心がけなければなりません。

 

 

では、正しく概要欄を書いていくにはどのように作成したらいいのでしょうか?

具体的な流れとしては

1.動画のキーワードを決める

2.キーワードを意識して動画の説明を書く

3.ハッシュタグを設定する

4.目的に応じたリンクを入れる

5.タイムリンクとチャプター機能を活用する

となります。順番に解説していきます!

 

 

 

1.動画のキーワードを決める
まずは検索されやすい概要欄を書くために、キーワードを決めましょう!

そのキーワードで検索された時に自分の動画が上位に表示されることで、
再生回数の増加が見込めます。特に「最初の3行」に入れておくとより効果的です。

検索結果に載るかは、概要欄だけでなく動画の内容やタイトルなどからも判断されます。
そのため動画の内容に関連したキーワードを設定する必要があります。
キーワードの数は1~3つ程度で大丈夫です!

 

 

2.キーワードを意識して動画の説明を書く
キーワードを決定したら、そのキーワードを使った動画を説明しましょう!

概要欄でキーワードを自然に用いることで動画が検索エンジンに認識され、
YouTube検索結果に出やすくなります。

キーワードはなるべく概要欄の冒頭に書きます。「キーワードを決める」
で説明した時に「最初の3行」に入れておくと効果的と説明しましたよね?

概要欄の冒頭は概要欄を開いた際に視聴者が最初に見る場所であり、見られる回数が一番多い場所だからです

 

また視聴者にとってわかりやすく、読みたくなるような文章を書くことも大事です。

概要欄をセクションに分けて内容を整理したり、改行や空白を使って
視覚的にすっきりさせたりすることで、文章を読みやすくする工夫をしましょう。

 

 

3.ハッシュタグを設定する

概要欄に半角の「#」を語頭にして単語を書くことで、ハッシュタグをつけることができます。

このハッシュタグも検索結果に動画を表示させるのに役立ちます。

 

一般的に、ハッシュタグは概要欄の一番下の目立たない位置に書かれます。
15個までハッシュタグは設定でき、最初の3つはタイトル下に別枠で表示されます。

最初の3つのハッシュタグは視聴者が
動画の内容を理解するサポートになるため、注意して設定をしましょう。

 

 

4.目的に応じたリンクを入れる
概要欄には様々なリンクを貼ることができ、
これによって視聴者の動画視聴後の行動を誘導することができます。
主に下記3つを入れておくとより効果的です!

 

・チャンネル登録リンク
チャンネル登録画面に遷移するリンクです。概要欄を読んだ視聴者に、
チャンネル登録を訴求することができます。

・関連動画やおすすめ動画のリンク
概要欄には、別の動画のリンクを載せることも出来るので、
アップロードした動画に関連した動画や視聴者におススメしたい動画を
興味を引くコメントを添えて概要欄にURLを載せることで、
視聴者を次の動画に誘導することができます。

・外部リンク
動画の視聴者を、試聴後にYouTube外部へと誘導することも概要欄から可能です。
特にSNSのURLを貼ることで、視聴者とのスムーズな交流が可能にして、
エンゲージメントを高める効果があります!

また、PRしたいサイトのURLや、特設サイトのURlなどを記載しておくと
興味を持った視聴者がすぐにアクセスできます。

 

例えば、購入品紹介だとすれば、購入したサイトのURlを記載しておくことで、
動画を見て「購入したい」と思った視聴者の気持ちを取りこぼさず、
すぐに購買活動へ繋げる工夫が重要なポイントです!

 

5.タイムリンクとチャプター機能を活用する
全て半角で1:23のように打つと、動画中の該当時間のシーンまで
飛ばせるタイムリンクを作ることができます。

 

下記ルールを守って、概要欄にタイムリンクを並べることで、
動画をチャプター(章)に区切ることができます。
意外に知らない人も多いのでどのように入力するのか参考にしてくださいね!
0:00 〇〇紹介1

2:15 〇〇紹介2

5:30 〇〇紹介3

このように「0:00から始める」「タイムリンクとスペースを開けてタイトル」の
2つのルールを守れば、チャプターを分けられます!

 

チャプター分けが反映されると上の画像の様に再生バーが分割され、
視聴者はチャプターごとにスキップができるようになります。

特に長い動画などでは、視聴者が途中で飽きてしまい離脱する可能性が高くなるので、
視聴者が求める情報や、面白いシーンをタイムリンクやチャプターで分けることで
視聴者の満足を得られる動画になります!

 

以上の構成が、基本の概要欄の書き方になります。
紹介した書き方に沿って効果的な概要欄を作成してみてくださいね!

 

■意外と知らない?!概要欄の編集方法と便利機能

動画をアップロードする時以外に概要欄を入力できる方法があることをご存じでしたか?

YouTubeを始める人はどこで編集するのか知らない人も多いので、
YouTube Studioを使った場合の編集方法をご紹介します。

 

画面上部右端に表示される丸型の磁針のチャンネルアイコンをクリックします。
「Googleアカウントで管理」の下に、複数の項目が表示されますが、
この中から「YouTube Studio」を選択しましょう!
1.メニューから動画を選択
パソコンの場合は、YouTube Studioの左にあるメニューから「再生リスト」を選びます。
一覧で表示された中から編集したい動画を選び、右に表示されるアイコンから「ペン」をクリックします。

 

2.詳細を選択する

画面が切り替わると、「タイトル」や「説明」などの項目ごとに記入欄があります。
ここに直接編集を加えていきます。

 

3.保存する
編集が済んだら、必ず右上の「保存」をクリックしてください。

 

スマホの場合は、「YouTube Studio」のアプリをダウンロードし、
ログインすると自身の「YouTube Studio」が開きます。

下にある項目から「コンテンツ」を選択し、一覧で表示された中から
編集したい動画を選び、右上に表示されるアイコンから「ペン」をクリックします。
その後の作成方法はPCと一緒の流れなので、詳細に入力して、保存していきましょう!

また、基本情報やSNSのリンク先等、常に同じ内容をアップロードする度に
入力するのは大変ですよね?

そんな時は、「カスタマイズ」から
「基本情報」を選択し、「説明」の欄に記入していきます。
入力が出来たら、右上の「公開」をクリックすると完成です!
ここに入力しておくことで、動画をアップロードする度に自動入力で反映され、とても便利です!

概要欄をサボりがちになってしまう人は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

■まとめ

・キーワードは「最初の3行」に!

・ハッシュタグも検索結果に動画を表示させるのに役に立つ

・基本情報の自動入力機能を使って概要欄をある程度作成しておこう!

 

いかがでしたでしょうか?

今まで概要欄が空白のままだった人は非常に勿体ないことをしています!
今からでも遅くはないので、概要欄を正しく活用して、
チャンネルを伸ばしていきましょう!

 

最高の仲間と
関西YouTuber

目指しませんか?

今からYouTuberを目指そうと思っている方や、編集はプロに任せたい方、構成作家による企画のサポートを受けたい方、その他チャンネル登録者数を増やしたい方などご連絡いただく理由はなんでもOK。
ぜひ一度あなたのお話をお聞かせください!

ENTRY

構成作家、映像編集、
マネージャーも募集中!

9ZLaboでは、構成作家、映像編集、マネージャーなど裏方としてご活躍頂ける方を募集しております。
メディア運営における様々な職種をご用意して皆さまからのご応募をお待ちしております。

ENTRY