MENU

BLOG

【YouTube初心者の方必見!おススメ動画編集アプリを紹介!】

2022.11.08

このブログでは新人YouTuberや駆け出しYouTuberの方、これからYouTuberを始めたい人に
知って得する豆知識を隔週の火曜日に紹介していきます!

第30目は、『おススメの動画編集アプリを紹介』です!

 

前回は動画編集アプリをダウンロードする上で、
自分の目的に合ったアプリを選ぶことが大切なことを説明していきましたよね\(^o^)/

今ではスマホは皆さんの必需品と言っても欠かせない存在です!
PCが買えない人や移動時間有効活用したい人などスマホから動画編集をするにあたり
どんなアプリが使われているのでしょか?
今回は簡単な操作なのにもかかわらず、クオリティーもPCに負けない編集アプリを5つ紹介していきます!

 

 

■動画編集アプリおススメ5選

簡単に編集できる物や機能が豊富などそれぞれの特徴や使える機能を紹介するので、
ぜひ自分に合ったアプリをダウンロードしてみましょう!

 

・iMovie
iPhoneを始めとしたApple製品に初めから入っている動画編集アプリです。
カット機能やフィルター、グリーンバック機能などの便利な機能がそろっています。
特に、元から入っているサウンドトラックは80種類以上と、
動画の雰囲気に合ったBGMをつけることができます!

テロップを自由な場所に入れることができないなど、自由度では他のアプリに劣る点もありますが、
簡単なテロップ入り動画を作る分には十分な機能ですよ♪

 

・VLLO
一般的な機能はほぼ使える高機能な動画編集アプリです。機能の豊富さにもかかわらず、
画面の表示がわかりやすく直感的に操作できるため、動画編集が初めての人でも簡単に凝った編集を行うことができます。

ステッカーやフォント、フレームはかわいらしい雰囲気のものが多く、
無料でもたくさんの種類のものを使えます!

 

・InShot
ステッカーやフォントの豊富さが特徴です!無料版で使えるものだけでも、
SNS映えするキャッチーな動画を作ることができます。
倍速機能も4倍まであるので、タイムラプス風動画にもピッタリです。
さらに、主要なSNSの画面比率に合わせて動画を作るプリセット機能もあるので、SNS投稿用の動画を簡単に作ることができます。

 

・CapCut
TikTokを運営している会社が提供している動画編集アプリです。
TikTokでよく見る文字加工やフィルターも揃っているので、TikTok用の動画を作るのに特におすすめと言えるでしょう。
文字入れやフィルター、速度調整など、
他のアプリによくある機能のほか、小顔補正や美肌補正ができるビューティー機能などもあります。

 

・VN
カット編集やテロップ挿入、トランジション、音楽などの基本的な編集はもちろん、
4K動画の書き出しや速度調整の演出などができます。
色味の調整やフィルターも豊富で、音楽のビートに合わせて動画を作れる機能もあるなど、
今っぽいおしゃれなVlog風動画を作りたい人にはぴったりのアプリです。
多機能ながらも画面設計はわかりやすく、直感的に使えます。

 

 

 

■動画編集のおススメポイント
いくら編集アプリが優秀でも、素材自体が良くなければ、仕上がりのクオリティには限界があります。
高いクオリティに仕上げるためには、撮影時からさまざまな工夫が必要です。
今から解説するポイントを動画を制作・編集する際は注意しましょう!

 

・手振れに注意!
スマホを使った撮影で、注意したいのが手ブレです。
スマホ三脚などを使ってしっかりとスマホを固定し、手ブレを防ぎましょう!
出先で歩きながら撮影したいときは、手ブレを防いでくれるスマホ用のジンバル(スタビライザー)を使用するのがおすすめです。

スマホ三脚が用意できない場合は、スマホを両手で持ち、
二の腕を脇にしっかりと密着させて腕を安定させると、手ブレしにくくなります。

 

・明るさに気を付けよう!
画面の明るさにも気を使いましょう!
室内の撮影では明るさが足りないことが多く、思った以上に人の顔や物が暗めに映ってしまう場合があります。
特に、夜に室内できれいに撮影するにはコツが必要です。
照明の色合いも動画の雰囲気を大きく左右しますし、「どの位置から光を当てるか」という点が重要となります。
慣れるまでは屋外で撮影するか、スマホ用ライトなどを使用して人の顔が暗くならないように気を付けましょう。
編集のときにも、色味調整等の機能でさらに明るさを調整すると見やすい動画になります。

 

・編集でテンポのいい動画に仕上げる
編集の際には、動画のテンポに特に注意しましょう。ノーカットで動画を作ろうとしてしまうと、
どうしてもテンポが悪くなり、見ていて退屈する動画になってしまいます。
動画のテンポを良くするためには、余計な部分をカットすることが大切です。

Vlog風の動画では、たくさんのシーンをつなぎ合わせることで、見ていて飽きない動画になります。
カメラを長い時間回したものをそのまま動画にするのではなく、10秒ほどの短い動画を何本も撮ってつなぎ合わせるのがおすすめです。

 

 

■まとめ

・アプリごとに性能や特徴が違うので自分に合ったアプリを使ってみる

・アプリが優秀でも撮影時の環境時代で台無しに

 

いかがでしたでしょうか?
スマホの動画アプリによって特徴が全然違うのであなたが使いたい機能に合わせて
使ってみてはいかがでしょうか?

Youtube動画も今回説明したアプリを使っている人が多いですよ♪
では次回もぜひ読んでくださいね!

最高の仲間と
関西YouTuber

目指しませんか?

今からYouTuberを目指そうと思っている方や、編集はプロに任せたい方、構成作家による企画のサポートを受けたい方、その他チャンネル登録者数を増やしたい方などご連絡いただく理由はなんでもOK。
ぜひ一度あなたのお話をお聞かせください!

ENTRY

構成作家、映像編集、
マネージャーも募集中!

9ZLaboでは、構成作家、映像編集、マネージャーなど裏方としてご活躍頂ける方を募集しております。
メディア運営における様々な職種をご用意して皆さまからのご応募をお待ちしております。

ENTRY